HOME>アーカイブ>自分だけではなく周囲の人や物も使って多角的に見極めよう

職場結婚は見極めポイントが明確

男女

結婚相手を選ぶ方法や、この人なら一緒になれると判断する基準は人それぞれですし出会い方にもよります。比較的、一般的で数が多いのが仕事関係で知り合った相手と結婚する社内婚あるいは職場結婚でしょう。仕事を通して知り合った相手が結婚する相手としてふさわしいか否かを見極めるポイントは、自分も同じ職場にいるので意外に簡単でわかりやすいです。まず大事なのは、自分の仕事に真面目に取り組んでいるかどうかです。これは当然のことですが、恋愛感情が入ると案外見逃してしまいがちです。コツコツと計画的に働かず、結果だけ繕うようなところはないか、自分の失敗がばれないように隠すような姑息なところはないかなど、曇りのない目でしっかり見極めましょう。仕事に対する態度は、その人の結婚観や自分の家庭に対する態度と同じです。日頃から要領よく怠けているような人は、家族の柱として信頼できない可能性があります。また、自身の仕事にプライドをもっているかどうかも重要です。自分のやることに自信がない人は、家族に対しても責任感が薄い恐れがあります。しっかり観察しましょう。

相手の性格を判断するさまざまな方法

カップル

社内や職場以外で知り合った人を結婚相手として見極めるには、どうすれば良いでしょうか。簡単ですが、その人の物の扱い方に注目するという方法があります。共通の趣味を通じて知り合った場合などは、たとえば絵の道具やテニスのラケットをどう扱っているか冷静に見てみましょう。概して、乱暴に扱ってすぐ壊してしまうような人は、他人への気遣いもできていないものです。格好ばかりつけて実践しない人は、家庭に責任をもって共に暮らしていけるかどうか不安です。たびたび約束の時間に遅れたり、予定を変えたりする人はどこか責任感が欠けているのかもしれません。本性を見抜くためには、少し深酒に付き合わせるという手もあります。いつも上辺をつくろっている人も、酔うと思わず本音が出てきます。自分では判断がつかないという場合は、自分が信頼している友人や知人に、相手を紹介してみることです。あとでその友人たちに感じたことを聞いてみましょう。

広告募集中